首が落ちた話くびがおちたはなし
何小二は軍刀を抛り出すと、夢中で馬の頸にしがみついた。確かに頸を斬られたと思う——いや、これはしがみついた後で、そう思ったのかも知れない。ただ、何か頸へずんと音を立てて、はいったと思う——それと同時に、しがみついたのである。すると馬も創を受 …
作品に特徴的な語句
おさま べか たたかい いかめ とん あかる ごく さいな 行方ゆくて かかわ ただし しゃが うしろ まばゆ におい がい ごと 高粱こうりょう 一層いっそ おわ きずつ つぐの ふたたび 卓子テエブル 唐突とうとつ しつ のち いそが はら ななめ にち 某甲ぼうこう 珈琲コオヒイ かめ いた おど まろ あらわ 一時いっとき たけ うち 偵察ていさつ 兇器きょうき 凱旋がいせん きず 北京ペキン あき 呻吟しんぎん 咄嗟とっさ うな のど わめ いなな かたまり 大方おおかた こう 容子ようす 小二しょうじ 屡々しばしば 川楊かわやなぎ 平首ひらくび 床上しょうじょう 廚房ちゅうぼう あと たちま 悪口あっこう 成程なるほど ほう 持崩もちくず とら 捏造ねつぞう かか つか 支那しな 日清にっしん 晴々はればれ いとま こずえ よこた つか 正気しょうき 洒脱しゃだつ 清国しんこく ようや 灝気こうき 燈夜とうや 眸底ぼうてい 稽古けいこ かまど 竜燈りゅうとう しゃ 素足すあし