“廚房”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十九、恥ずかしながらわが敵は、廚房に在り。之をだまして、怒らせず、以てわが働きの貧しさをごまかそうとするのが、私の兵法の全部である。
花吹雪 (新字新仮名) / 太宰治(著)
この地方の風と見えて、廚房だけは別棟になっているが、それが四面皆竪格子で囲んだ妙な作りである。
子供の時に彼の家の廚房で、大きなの下に燃えているのを見た、鮮やかな黄いろい炎である。「ああ火が燃えている」と思う——その次の瞬間には彼はもういつか正気を失っていた。………
首が落ちた話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)