画の悲みえのかなしみ
画を好かぬ小供は先ず少ないとしてその中にも自分は小供の時、何よりも画が好きであった。(と岡本某が語りだした)。 好きこそ物の上手とやらで、自分も他の学課の中画では同級生の中自分に及ぶものがない。画と数学となら、憚りながら誰でも来いなんて、自 …
作品に特徴的な語句
川辺かわばた ゆるし ごみ かお 打勝うちかと くだ 如何どう いや 暫時しばら たのしみ まば 先達せんだって うしろ かなしみ いだ よっ みん おお けん たか めん 何人だれ わずか 口惜くやし とい おおい 少年こども 彼奴きゃつ にく もち ひっさ 暫時しばらく 此方こなた ひとり 蒼々そうそう ちかづ かよ 上手じょうず うち もっ 何人なんぴと 何時いつ そば 傲慢ごうまん 充満いっぱい 全然まるで 其処そこ 勿論もちろん うまや きみ 善悪よしあし 喧嘩けんか おど うち うち 寄掛よせか 小供こども もっと あが 川原かわら 川向かわむこう 幾干いくら 幾度いくたび 幾歳いくつ 度々たびたび ひさし 彼方かなた あと 志村しむら たちま ことごと はばか 打倒ぶったお かす ゆえ 数々しばしば 数年すねん はす もと あば 最中もなか 朋友ほうゆう 木立こだち もと 案排あんばい 桑園くわばたけ
題名が同じ作品
画の悲み (旧字旧仮名)国木田独歩 (著)