“数年”のいろいろな読み方と例文
旧字:數年
読み方割合
すねん69.2%
すうねん30.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくわが朝鮮事件に関せし有志者は、出獄後郷里の有志者より数年の辛苦を徳とせられ、大抵代議士に撰抜せられて、一時に得意の世となりたるなり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
数年勉強の結果をうして生涯二度の艱難辛苦と思いしは大間違の話で、実際を見れば蘭と云い英と云うも等しく横文にして、その文法も同じければ
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
王子はこういうれな有様で、数年もなく彷徨いた、とうとうラプンツェルがてられた沙漠までやってました。
数年には、そのはりっぱにできあがりました。そして、煙突からは、れていました。工場や、製造場などが、いくつもてられました。
塩を載せた船 (新字新仮名) / 小川未明(著)