“同行二人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうぎょうににん83.3%
どうぎょうふたり16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着慣れませぬ新らしい笈摺を引掛け、雪卸しのの笠には同行二人と書き、白の脚半に甲掛草鞋という姿で、慣れた大工町を出立致しまする。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
もし彼らを失ったら、永きこの世の旅に誰か堪え得るであろう。遍路のには「同行二人」と記してあるが、工藝をかかる旅の同行と云い得ないであろうか。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)