“同行衆”の読み方と例文
読み方割合
どうぎょうしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同行衆は、もはや皆、おもどりなされた。おさしつかえなくば、もすこし、話して行かれぬか」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同行衆や、に白骨となりに白骨となるかんとやると、それ、後生安楽、南無阿弥陀仏、バラバラ、バラバラ(財布からお賽銭を取り出して投げる真似をする、聴衆笑う)
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
僧一 同行衆の間にいろいろな物議が起こってはおもしろくありませんからな。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)