“おふくろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
母親46.6%
阿母33.8%
養母4.5%
3.0%
老母2.3%
母様2.3%
御袋1.5%
0.8%
母犬0.8%
祖母0.8%
継母0.8%
女親0.8%
慈母0.8%
未亡人0.8%
親母0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沈黙家ではあつたが、世間並に母親が一人あつた。この母親がある時芝居へくと、隣桟敷知合といふ女が来合せてゐた。
私も、その頃阿母に別れました。今じゃ父親らんのですが、しかしまあ、墓所を知っているだけでも、あなたよりかも知れん。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかし一方に養母が、芝居と、信心と、寝酒の道楽を初めて、死んだ金兵衛の伝でグングン臍繰をカスリ取る上に、良い縁談をみんな断ってしまうので
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
紺飛白で何処やらの好い昨年をなくした仁左衛門さんが相槌をうつ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「ふウム、一理あるナ、——所で近来素敵別嬪が居るぢやねエか、老母付きか何かで」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
その悪戯に機嫌ねた形、あまり子供がはしゃぎ過ぎると、若い母様にはてある図じゃ。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今でも歴然と残っている。立派なうちだ。その番頭が甚兵衛と云ってね。いつでも御袋が三日前にくなりましたと云うような顔をして帳場の所へえている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だつて、その時以来、はどうにもそれが気になつて気になつてなんねえでがしてな。それに日が暮れると死人が迷つて来るつてんでがすよ。
腹のいてゐたは心のなかで、⦅ほんとに、その団子が咽喉につまつて、おつ死んでしまへば好いのに!⦆と思つただね。するとどうでがせう。
俺の母犬は俺を生むと間もなく暗黒の晩に道路で寝惚けた巡行巡査に足を踏まれたので、喫驚してワンと吠えたら狂犬だと云つて殺されて了つたさうだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
乳も碌に飲まない中に母犬には別れ、宿なしの親なしで随分苦労もしたが、今の旦那には勿躰ないほどお世話になつて、と応挙の描いた狗児のやうだと仰しやつて大変可愛がられたもんだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
どっちかになっておけばよかったのを、祖母が、商人がいいといって丁銀という大問屋へ小僧にやられた。
「丁銀のおばあさんも八釜しやで、が大好きだから、祖母の気が合ってたんでやられたのだ。」
『なるべくはにいた方がよかろう、そうしないとなおの事継母との間がむずかしくなるからッて、留めてやった、かあいそうに泣いていたよ。』
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
今度の継母に娘があってそれが海軍少将とかに奉公している、そいつを幸ちゃんの嫁にしたいと思っているらしい、幸ちゃんはそれがいやでたまらない、それを継母が感づいてつらく当たるらしい
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
前刻の仔に違いない。…様子が、土からか二尺ばかり。これより上へは立てないので、ここまで連れて来た女親が、わりのう預けて行ったものらしい……て預けて行ったと言いたい。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「がし叔母が慈母のようにの心を噛分けてくれたら、若し叔母が心をげて共に困厄に安んずる事が出来たら、ほど世に幸福な者は有るまいに」ト思ッて文三屡々嘆息した。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
存生のみぎり何かとたよりて来し大抵のはおのずから足を遠くし、その上親戚も少なく、知己とても多からず、未亡人は人好きのせぬ方なる上に
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)