“おば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
叔母33.9%
伯母27.8%
小母25.3%
5.1%
尾羽1.4%
御叔母1.1%
1.1%
老媼1.1%
0.7%
0.4%
老女0.4%
老母0.4%
0.4%
阿姨0.4%
阿母0.4%
鴇母0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ただいま。叔母さんのからだいぶれていましたから、いきませんでした。三ばかりけて、やっといましがたえました。」
火事 (新字新仮名) / 小川未明(著)
曾祖母さん、祖父さん、祖母さん、伯父さん、伯母さんのから、奉公するおまで、家中のものゝ焚火りました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
幸に妙了の女姪が一人富田十兵衛というもののになっていて、夫に小母の事を話すと、十兵衛は快く妙了を引き取ることを諾した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
あなたのはかねて竜神さんからってります……。ではお言葉ってこれからお邪魔そうか……。雛子、このさまに御挨拶をなさい。
ところで、極彩色の孔雀がきらきらと尾羽くひろげた夏の暑熱と光線とは、この旅にある父と子とをからず喜ばせた。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
「だれが? 御叔母さんが? 鉄砲玉でたくさんよ。だから早く御嫁を持たしてしまわないとどこへ飛んで行くか、心配でいけないんです」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あはれ、あはれ、深江よ。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
割木ほどの大臺にしてりとばさるる婢女つらや、はじめ受宿老媼さまが言葉には御子樣がたは男女、なれども常住家内におあそばすは御總領二人
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「じゃ戦争の終りに、この湾でれて死んだ水兵のことを、覚えてるかね。覚えてないだろうね」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
呉はの墓がそのあたりにあるような気がしたが、何も墓らしいものが見えないので、疑い怪しみながら帰って来た。
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
よかったよ。僕はまただれかと思ったら、僕のさ、すなわち君の従妹じゃないか。ちょうどもらい手を探していたところだよ。身内で結婚する嫌いはあるが、わけを
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
「先生、渡辺の老女さんがお待ちなされてです」と呼ばれる大和の声に、彼は沈思のを揚げて「其れは誠に申訳がありませんでした」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ろにげて鉄縁の近眼鏡に打ちながめつ「あア、老女さんですか、大層早いですなア——先生は後圃で御運動でせウ、何か御用ですか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「私の様なものはても世間へ面出しが出来なからうと思ひましてネ、そ御迷惑さまでも、おで使つて戴いて、大和さんや、老母さんに何か教へて戴きたいと考へますの——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「それからネ、老女さん」と、お花は明朝の米かしぐ手をばし休めつ「歩きながらのお話に、此頃湖月で話した兼吉の老母へ来て居ると先生様がつしやるぢやありませんか、老母さん、 ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
遺産は全部の所有となり、妻はあと片附けをすっかりすませると、故郷のイタリーへ帰って往ってしまいました。そして私はまるではだかで、ジョホールにたった一人取り残されてしまったのです。
鉄の処女 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
弟は走りて 軍に従い 阿姨は死し
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
阿母さん、あなたは大変いい村をお持ちですねえ。農奴はどの位おありなんですか?」
私は自分の女を択ぶことを、『酒場さん』なる鴇母さんに催促された。私は大勢の女の一等後の方で、蒼い顔をして外っぽを向いている、痩せた女を指してしまった。