“割木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わりき75.0%
わりぎ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“割木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
割木わりきほどの事も大臺おほだいにして叱りとばさるゝ婢女はしたの身つらや、はじめ受宿うけやど老媼おばさまが言葉には御子樣がたは男女なんによ六人
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
割木わりきも別当さんのは「見せ割木」で、いつまで立っても減ることはないと云った。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
——旅のあわれを味わおうと、硝子ガラス張りの旅館一二軒を、わざと避けて、軒に山駕籠やまかご干菜ひばるし、土間のかまどで、割木わりぎの火を
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)