“受宿”の読み方と例文
読み方割合
うけやど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
割木ほどの事も大臺にして叱りとばさるゝ婢女の身つらや、はじめ受宿老媼さまが言葉には御子樣がたは男女六人、なれども常住内にお出あそばすは御總領と末お二人
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
割木ほどの大臺にしてりとばさるる婢女つらや、はじめ受宿老媼さまが言葉には御子樣がたは男女、なれども常住家内におあそばすは御總領二人
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
割木ほどの事も大台にしてりとばさるる婢女の身つらや、はじめ受宿老媼さまが言葉には御子様がたは男女六人、なれども常住家内におあそばすは御総領と末お二人
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)