“曾祖母”のいろいろな読み方と例文
新字:曽祖母
読み方割合
そうそぼ20.0%
オホオバ13.3%
ヒオホバ13.3%
ばあばあ6.7%
ひいおばあ6.7%
おおおば6.7%
おおばあ6.7%
ひいばあ6.7%
ひおおば6.7%
ひおほば6.7%
ひばあ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
サラ、レベッカ、ユディット、及び己がをいたみて我を憐みたまへといへるその歌人曾祖母たりし女が 一〇—一二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
父に感謝し、次には尊い大叔母君、其から見ぬ世の曾祖母の尊に、何とお禮申してよいか、量り知れぬものが、心にたぐり上げて來る。だがまづ、父よりも誰よりも、御禮申すべきは、み佛である。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
姫にとつては、肉縁はないが、曾祖母にも當る橘夫人の法華經、又其御胎にいらせられる—筋から申せば、大叔母にもお當り遊ばす、今の 皇太后樣の樂毅論。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
そのときには、すゞちやんを見たい/\と言つておほさわぎをしてゐられた曾祖母も、もうこちらへ来ていらつしやいました。
ぽつぽのお手帳 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
そのに、曾祖母さんは友伯父さんとさんをびましてお爐邊でいろ/\なことをつてかせてれました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
父に感謝し、次には、尊い大叔母君、其から見ぬ世の曾祖母に、何とお礼申してよいか、量り知れぬものが、心にたぐり上げて来る。だがまず、父よりも誰よりも、御礼申すべきは、み仏である。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
屹度曾祖母さんは、炬燵って、眼鏡を懸けて、本でも見ていたんで御座いましょうね。
「ああしんど」 (新字新仮名) / 池田蕉園(著)
曾祖母さん、祖父さん、祖母さん、伯父さん、伯母さんのから、奉公するおまで、家中のものゝ焚火りました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
姫にとっては、肉縁はないが、曾祖母にも当る夫人の法華経、又其御胎にいらせられる——筋から申せば、大叔母御にもお当り遊ばす、今の皇太后様の楽毅論
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
姫にとつては、肉縁はないが、曾祖母に当る橘夫人の法華経、又其お腹に出でさせられた——筋から申せば大叔母にもお当りになる今の皇太后様の楽毅論。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)