“御胎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
オハラ75.0%
おはら25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御胎”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
姫にとつては、肉縁はないが、曾祖母ヒオホバにも當る橘夫人の法華經、又其御胎オハラにいらせられる—筋から申せば、大叔母にもお當り遊ばす、今の 皇太后樣の樂毅論。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
姫にとつては、肉縁はないが、曾祖母ヒオホバにも當る橘夫人の法華經、又其御胎オハラにいらせられる——筋から申せば、大叔母にもお當り遊ばす、今の皇太后樣の樂毅論。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
姫にとっては、肉縁はないが、曾祖母ひおおばにも当るたちばな夫人の法華経、又其御胎おはらにいらせられる——筋から申せば、大叔母御にもお当り遊ばす、今の皇太后様の楽毅論がっきろん
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)