鉄の処女てつのしょじょ
寒い日の午後だった。 私は河風に吹かれながら吾妻橋を渡って、雷門の方へ向って急ぎ足に歩いていた。と、突然後からコートの背中を突つくものがあるので、吃驚して振り返って見ると、見知らない一人の青年が笑いながら立っていた。背の高い、細長い体に、厚 …
作品に特徴的な語句
おば たのま はずか いか おお しま せい 強者したたかもの つっ つう 醜婦すべた けん 差向さしむ 山蛭やるびる すで うらみ なま しん そもそ 故郷くに 暫時しばらく あずま ひさし 流行はやり 苦力クリー 陥穽おとしあな 驚愕おどろき 多数おおぜい ゆる かこい 呻吟うめ 交際つきあい じっ 何人だれ いの 行衛ゆくえ ひが 優男やさおとこ 先刻さっき 私語ささや わざわい 疳癪かんしゃく 硝子ガラス 矢絣やがすり 真物ほんもの やつ 痙攣けいれん 狂気きちがい 許嫁いいなずけ たと うずくま やが 迎々ぎょうぎょう とて 遂々とうとう 低声こごえ 休息やすみ 他人ひと 非道ひど 面当つらあて 音信たより 云々うんぬん 饒舌しゃべ 上海シャンハイ 吃驚びっくり 少時しばらく ねた 巴里パリ 強張こわば 当然あたりまえ 彼女あれ 従妹いとこ 四辺あたり おどろ 咽喉のど ドア 手腕うで 打棄うっちゃ ぴき 故意わざ 可笑おか 敬々うやうや 別嬪べっぴん つか 染々しみじみ 共謀ぐる 光景ありさま 消魂けたたま 無暗むやみ 片唾かたず 狂人きちがい 生活くらし ちが