“母犬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやいぬ40.0%
ははいぬ40.0%
おふくろ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“母犬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やっと、安心あんしんをした母犬おやいぬは、かわいい子供こどもたちを、かわるがわるなめてやりながら、
森の中の犬ころ (新字新仮名) / 小川未明(著)
母犬おやいぬ小犬こいぬが、このもりなかにうつったのは、まだはるのころでありました。
森の中の犬ころ (新字新仮名) / 小川未明(著)
小犬こいぬは、はらがすいたか、母犬ははいぬのおちちこいしくなったか、クンクンいていました。
野菊の花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すると、どうでしょう、そこには二ひき小犬こいぬがいて、いま母犬ははいぬのもってきてくれた、さかなほねあらそいながら、ちいさなをぴちぴちとふってよろこんでたべているのでした。
母犬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
俺の母犬おふくろは俺を生むと間もなく暗黒やみの晩に道路わうらいで寝惚けた巡行巡査に足を踏まれたので、喫驚びつくりしてワンと吠えたら狂犬だと云つて殺されて了つたさうだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
乳も碌に飲まない中に母犬おふくろには別れ、宿なしの親なしで随分苦労もしたが、今の旦那には勿躰ないほどお世話になつて、とんと応挙の描いた狗児ちんころのやうだと仰しやつて大変可愛がられたもんだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)