“しようぢき”の漢字の書き方と例文
語句割合
正直100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しもがそれに署名しなかつたとすれば』とつて王樣は、『尚々い、惡戯相違ない、さもなければ正直署名してくべきだ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
れで丁度加减れて仕舞、そんなにお正直かと嘲笑ふやうにへば、きにさといふ、相手茂助がもとのがこゑなり、正直といえば此處旦的が一
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)