“仁心”の読み方と例文
読み方割合
じんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物語り然れば明後日は本望成就仕つらんと云けるにお花は元來友次郎も雀踊して喜びへに大岡殿の仁心より出る處なりと南の方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かゝるが、植物界にも、人間界にも、どって相鬪ふ……仁心害心とが……してしいつときは、毒蟲取附かれて、植物枯果つる。
さて三人は三人とも、実に医術もよくできて、また仁心も相当あつて、たしかにもはや名医の類であつたのだが、まだいゝ機会がなかつたために別に位もなかつたし、遠くへ名前も聞えなかつた。
北守将軍と三人兄弟の医者 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)