“深因”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“深因”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『貴方も彼処あすこの家に泊つておいででしたか。いや、彼時はひど熱湯にえゆを浴せかけられましたよ。実は、私も、彼様いふ目に逢はせられたもんですから、其が深因もとで今度の事業しごとを思立つたやうな訳なんです。今でこそ斯うして笑つて御話するやうなものゝ、どうして彼時は——全く、残念に思ひましたからなあ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)