“深切”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんせつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“深切”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲33.3%
社会科学 > 教育 > 教育8.7%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
靜岡しづをかでも、三島みしまでも、赤帽君あかばうくんのそれぞれは、みなものやさしく深切しんせつであつた。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それから足下おぬし深切しんせつがあるなら、門番もんばんにさううて、スーザンとネルをはひらせてくりゃ。