“偖々”の読み方と例文
読み方割合
さて/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心當に助十樣と御尋ね申せしと始終りを物語りけるに兩人は思はず涙を流し偖々だ年も行ぬ身を以て百餘里の親公
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し我が子の爲と存ずる淺猿き心偖々苦々しき所爲なり淺果なる惡事何として其身のみを遂ることなるべきや因て其許も能々我身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
待居たり半兵衞はて歸り來り偖々御太儀なりしお小僧にも臺所へ行て食事仕玉へと云ひければ寶澤は下行食事もける頃感應院も祈祷
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)