“親公”の読み方と例文
読み方割合
おやご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心當に助十樣と御尋ね申せしと始終りを物語りけるに兩人は思はず涙を流し偖々だ年も行ぬ身を以て百餘里の親公
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と云れて迷惑ながらとも云ねば部屋へ行き今朝へ一醫師の來たりしことよりして親公のいかりに詮方なく向ふをり歸へりしまで一伍一什をはなしけるにきく長三郎は宛然髮揷の花を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いと云るゝき御道理千萬此金は去冬夜廻りの我等拾ひ町内より御訴へ申上置し所落主きゆゑ今日我等へ下されしなれば親公の爲と有ばぜ申べし町所家主名前は何と云るゝとば彼の者然ればなり町所名前などを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)