“去冬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょとう33.3%
きよとう33.3%
きよふゆ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実は小生去冬風労に悩みそれより滅切り年を
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
藤井左京と云者あり此頃藤が原へ尋ね來り暫く食客とて居たりしが時は享保十一午年正月五日の事なりし朝より大雪降出しが藤井左京は大膳に向ひ去冬より此山寨へ參り未だ寸功もなくすも殘念なり我も貴殿の門下となりし手始めに今日の雪を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いと云るゝき御道理千萬此金は去冬夜廻りの我等拾ひ町内より御訴へ申上置し所落主きゆゑ今日我等へ下されしなれば親公の爲と有ばぜ申べし町所家主名前は何と云るゝとば彼の者然ればなり町所名前などを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)