“ふる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フル
語句割合
33.3%
14.4%
12.9%
8.8%
7.5%
7.0%
6.5%
3.3%
1.5%
0.9%
0.7%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
戦慄0.2%
0.2%
布留0.2%
0.1%
0.1%
震動0.1%
0.1%
沸流0.0%
夫婁0.0%
0.0%
0.0%
揮毫0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
痙攣0.0%
0.0%
降雨0.0%
陳腐0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不圖したら今日締切後に宣告するかも知れぬ、と云ふ疑ひが電の樣に心を刺した、其顏面には例の痙攣が起つてピクピクへて居た。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかも陰二月暮れの北風はまだ雪と霜にがれて身をきりさいなんだ。爺はがたがた歯をわせつつ街外れの市場をうろつき廻った。
土城廊 (新字新仮名) / 金史良(著)
われ夫れて妻を離縁したと載せ、スプレンゲルはある人鬼がその妻を犯すを、刀をうて斬れども更に斬れなんだと記す。
ふと、が、はすれるやうで。……は、ぎよつとして、突伏すばかりに火尖めるが吹消した。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
新人が立ち、旧人はわれ、い機構は、局部的にされてゆく。そしてまた局部的に、新しい城国が建ち、文化がめられて来た。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ごんごろもあの爆弾になるんだねえ。あのぼけたが、むくりむくりとした、ぴかぴかひかった、しい爆弾になるんだね。」
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
もっとも孔は垂直ではなく、途中から横にそれているので、井戸を覗いた感じではなく、勇気をえば中へおりて行くこともできる。
黒い月の世界 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
ことに、既に長き旅路にれたる我をして、嚢中甚だ旅費の乏しきにも拘らず、つてこの山中にらしめたる理由猶一つあり。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
次に現場の踏査に移り、慎重に視察した揚句、署長にそう言って屍体のあった周囲二メートル平方の広袤を、充分に灰をわせた。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
平田は上をき眼をり、後眥からは涙が頬へき、下唇は噛まれ、上唇はえて、帯を引くだけの勇気もないのである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
またラ・サンネルラ及びラルカの家長、ソルダニエーリ、アルディンギ、及びボスティーキ等のそのきがごとく大いなるを見たり 九一—九三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
自分は彼の歩き方をから見て、足に任せてというい言葉を思い出した。そうして彼より五六間れた事をこの場合何よりもありがたく感じた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なぜ、いつまで、い、狹い、文學青年的な考へから離れて、衆の文學へ、あの人達は、努力する氣になれないのか。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
月末にいたれば目にもるほどに昨日今日と雪の丈け低くなり、もはや雪もまじと雪もこゝかしこ取のけ、家のほとりなどの雪をもすつるに
臣ひそかに恐る、数世の後は尾大わず、して後に之が地を削りて之が権を奪わば、ち其のを起すこと、漢の七国、晋の諸王の如くならん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
初めて審問廷へ引き入れられて、初めて捜査官の前に立つたとき、もう身内はへた。魂はへた。何事か訳の解らぬことを問はれて、訳の解らぬことを答へた。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)
しかし僕は戦慄う手に力を入れて搬機を引いた。ズドンの音とともに僕自身が後ろに倒れた。叔父さんが飛び起きた。
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
言上なせば其方どもゝ入牢申付るぞと仰されければ兩人は少しへながら女の死體は何事も御座りませんが片々の二のに小さく源次郎命と彫付てありまた片々には影物に灸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
靄ごもる布留の川添とめゆかば昔少女にけだし逢はむかも
大和ぶり (新字旧仮名) / 佐佐木信綱(著)
穴を飛出る時かならずかの蹴綱れば転機にてて熊大石の下にす。
ある御神前統一修行をしてりますと、がぶるぶるとえるようにじました。何気なく背後ってると、やや五十ゆる一人女性ってりました。
芳の眼色は、急に變つて體躯震動へた。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
呆気に奪られつつも、此奴までも人を莫迦にするのか! と烈しい怒りに身をわせながら、私は押されるままに机の前まで後退って来たが、あたりを見廻しながらユアンが低い声で私に聞いた。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
それが面白いのであります。一つの「沸流」といふ方を申しますと、朝鮮の今存在して居る歴史では温祚といふ人の兄さんに沸流王といふ人がある。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
「古」といふのは私が能く申しますが、朝鮮の上古の傳説では自分の國の元祖を「沸流」といふ者だと考へる系統と、それから「東明」といふ者だと考へる系統と二つある。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
そして沸流のことは朝鮮の古い歴史には扶餘國に解夫婁といふ王があつて、その子の得た女子から高句麗の東明といふ王が出て來る。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
クリストフは気おくれがしえながらも、演奏し始めた。すると間もなくハスレルは、美しいものに我れ知らず心ひかれる芸術家の職業的な興味をもって、眼と耳とをうち開いた。
因より正當の腕をつてけるのでは無い、惡い智惠ツてフンるのだ………だから他のひもする。併し金はまつた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
大文字を揮毫ったのも、信玄のために、機山という面白い法号を選んだのも、皆快川長老であった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それでもくすると病人意識恢復して、びり/\と身體はせて、でぐつとされたかとふやうにつて、劇烈痙攣しめられた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
三、える手
妖影 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
そして三階の階段にかかった足音を耳に入れると、女の手さきは小さい包みをったまま、すこしずつえはじめた。
三階の家 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
もう意識を失いかけて、昏倒していた傷負の若い浪人は、兵庫のことばと、手燭の明りに、又びくびくと全身の肉を痙攣わせて
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
激戦、及びその前後に相ついで起こりし異常の事と異常の感は、風雨のごとくその心をかしつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
降雨のに尻も端折らずに跣足で歩く奴があるものか、身軽にして威勢好く歩けと、近寄って声を掛けたが、この小僧やはり何とも云わぬ。
河童小僧 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
われ等のような慶長元和の古風を慕い、まだ尚武の風のあった寛永気質を尊ぶ者などは、所謂、頭が陳腐いと云われるやつだろう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わたしの声は悦びにえていたに相違なかった。
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)