“劇烈”の読み方と例文
読み方割合
げきれつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
劇烈病苦めにない死體はげつそりとれやうをしてた。卯平ぽつさりとしてそれをた。死體夜具へられた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
人間は自分の一生のことを全部い出すとか、肉体は死んでも脳髄は数秒間生きていて劇烈な苦痛を味わっているとか、死んだこともない人間によって作られた伝説は、果して本当であろうか。
桜島 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
劇烈な三面記事を、写真版にして引き伸ばしたような小説を、のべつに五六冊読んだら、全くになった。飯を食っていても、生活難が飯といっしょにまで押し寄せて来そうでならない。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)