三階の家さんかいのいえ
三階の家は坂の中程にあった。向う側は古い禅寺の杉の立木が道路の上へ覆いかかり、煉瓦造りの便所の上まで枝を垂れていた。こんな坂の中途に便所がどうして建っているのか。一寸不思議な気がする、——その便所の廂へ瓦斯燈がさびしく点れていた。 三階の一 …
作品に特徴的な語句
ちょ どき のが いっ ふる うかご はな とざ かむ 可笑おかし 忌日いみび やっ しな すぐ 手帛ハンカチ さぐ しば しん とも 皮砥かわど かさ 一体いったい 一寸ちょっと 一層いっそう 不図ふと なが しま 仄明ほのあか 仰向あおむ 仰有おっしゃ 何処どこ 何日いつ 何時いつ 偸見ぬすみみ 凝乎じっ いきおい 可愛かわい ほっ ただ 大方おおかた 容子ようす やす むし 居竦いすく 山高やまたか かす 度端どはず ひさし 忌々いまいま 慄々ぞくぞく こしら くじ かす もた 故意わざ たか 昂奮こうふん いとま 本統ほんとう 欠伸あくび 此処ここ ほとん なみだ 洋杖ステッキ 滅入めい 煉瓦れんが 煙草たばこ 画架がか ぴき にら 瞭乎はっきり 硬張こわば 穿 すく 素気そっけ 茫乎ぼんやり 莫迦ばか 蝋燭ろうそく 見戍みまも 誰方どなた かが すべ