“源因”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げんいん55.6%
もと33.3%
げんゐん11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“源因”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
無論私自身の心がこの言葉に反響するように、飛び立つ嬉しさをもっていなかったのが、一つの源因げんいんであった。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それが源因げんいんかどうかは疑問だが、私の興味は往来で出合う知りもしない女に向かって多く働くだけであった。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「詫まるなんて」と三千代は声をふるわしながらさえぎった。「私が源因もとでそうなったのに、貴方に詫まらしちゃ済まないじゃありませんか」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あやまるなんて」と三千代は声をふるはしながらさへぎつた。「わたくし源因もと左様さうなつたのに、貴方あなたあやまらしちやまないぢやありませんか」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それからきふにツヽケンドンなものいひおしだから、大方おほかたそれはらをおちの源因げんゐんであらうとおもふ。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)