“介助”の読み方と例文
読み方割合
かいじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏教の干渉介助が始まってこの作法のややんだ頃に、すなわちかの多くの水の神が妻をめる話は起ったのであろう。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)