善の研究ぜんのけんきゅう
この書は余が多年、金沢なる第四高等学校において教鞭を執っていた間に書いたのである。初はこの書の中、特に実在に関する部分を精細に論述して、すぐにも世に出そうという考であったが、病と種々の事情とに妨げられてその志を果すことができなかった。かくし …
作品に特徴的な語句
くら ゆるやか こう ごと とこし うららか とうと あきらか ただち なら たっと たっと かく みた わか おのれ ぼう かく こまや つもり かんが おわ あらかじ あらそい すべ かな さき 囈語げいご 如何いかん しばら 嬰児えいじ そこな もっぱら ことごと すで たいら 彼此ひし おもむろ にく 此者このもの 穿うが ひるが あた かお こころみ いい ぶた じゅん こつ 骨牌カルタ すなわ 事行じこう わた くらい まま 全豹ぜんぴょう 其儘そのまま 其物そのもの 其者そのもの わか 刹那せつな まさ なか 勿論もちろん ひとえ 印度インド おのおの 吝嗇りんしょく ただ たと あざけ 嚠喨りゅうりょう もと 基督キリスト それ 妄想もうそう 子思しし いず 屡々しばしば 巨擘きょはく おの 希臘ギリシャ 帰趨きすう いたず 復讐ふくしゅう うら 怯弱きょうじゃく ほしいまま あたか ことごと もと 惹起じゃっき