“さつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サツキ
語句割合
先刻61.8%
五月13.4%
皐月9.6%
先程4.8%
前刻4.5%
早月0.9%
殺氣0.9%
0.6%
0.6%
殺気0.6%
五月躑躅0.3%
先之0.3%
田植0.3%
佐都紀0.3%
先方0.3%
剳記0.3%
向者0.3%
杜鵑花0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『ハ、何にも……然う/\、先刻静子さんがお出になつて、アノ、兄様もお帰省になつたから先生に遊びに被来て下さる様にツて。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そして処々に一かたまりの五月躑躅が、真っ白、真っ赤な花をつけて、林を越して向うには、広々と群青色の海の面がめられます。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
□安田皐月さんが白山前町三八に水菓子店を開業なさいました。皐月さんの愛嬌がいゝ為めか繁昌してゐます。果物もたいへん結構です。
「あの……先程、若旦那様とご一緒に、自転車で戸山を一と廻りするんだつて、出かけたやうでございます」
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
さういふ事でござんしたか。さうとは知らず、ついうつかり前刻のやうなこと言ふたは、みんな私が悪かつた。堪忍して下せんせ。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
サユリはサツキユリの略されたもので、それは早月(旧暦の五月、今日では六月に当たる)
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
御米小六憮然としてゐる姿て、それを時々酒氣びてつてる、何所かに殺氣んだ、しかもるんだからないでゐて不平らしい小六比較すると
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
信吾も昼寝から覚めた許り、不快な夢でも見た後の様に、妙にんだ顔をして胡坐を掻いてゐた。富江の声や足音はから耳についてゐる。が、心は智恵子のことを考へてゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
きつと要求は容れますけれど、から散々の目にされて、何だか酷く心持が悪くてなりませんから、今日はこれで還して下さいまし。これは長座をいたしてお邪魔でございました。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
すると勇君の説によると、はじめ五月躑躅の陰で恋人の少女と楽しく語っていた。その話ばに、少女は何か用事ができて、学生を残したまま出ていった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「ジュリアさん。云って聞かせて下さい。貴女は四郎と日比谷公園の五月躑躅の陰で会っていたのでしょう」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「それぢやその新聞が違つてゐるのだよ。阿父さんは先之病院へ見舞にお出掛だから、間も無くお帰来だらう。まあ寛々しておな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
何ともないものが、惘然考へたり、太息いたりしていでゐるものか。僕は先之から唐紙の外で立つて見てゐたんだよ。病気かい、心配でもあるのかい。言つてしたつて可いぢやないか
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
明後日から田植にかかるつもりの眼のまわる忙しい日だつたが、作業は休みということになつて、母親のタミと初世の二人は、御馳走ごしらえにいそがしかつた。
押しかけ女房 (新字新仮名) / 伊藤永之介(著)
田植済んだら、ゆつくり、一杯やろうな、同窓生集つて——」
押しかけ女房 (新字新仮名) / 伊藤永之介(著)
また天皇、丸邇佐都紀の臣が女、袁杼比賣をひに、春日にいでましし時、媛女、道に逢ひて、すなはち幸行を見て、岡邊に逃げ隱りき。かれ御歌よみしたまへる、その御歌
這入ると、玄関に誠太郎のらしいが叮嚀にべてあつた。門野いたら、へえ左様です、先方からつて御出ですといふであつた。代助はすぐ書斎へた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
己は隠居してから心を著述ににして、古本大学刮目洗心洞剳記、同附録抄儒門空虚聚語孝経彙註の刻本が次第に完成し、剳記を富士山の石室し、又足代権太夫弘訓によつて、宮崎
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ともしや後悔しておなんぢやなからうかと思ふと、私だつて好い気持はしないもんだから、つい向者はあんなに言過ぎて、私は誠に済みませんでした。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
研究所の中庭の、杜鵑花の咲いているコンクリートの池を廻って、すたすたと自分の室に帰って行った。
宇宙爆撃 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)