“向者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さき33.3%
さきのほど33.3%
さつき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“向者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
向者さきより待合所の縁にりて、一ぺんの書をひもとける二十四、五の壮佼わかものあり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
向者さきのほどは腕車を流眄しりめに見て、いとも揚々たりし乗り合いの一人いちにんは、
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ともしや後悔しておいでなんぢやなからうかと思ふと、私だつて好い気持はしないもんだから、つい向者さつきはあんなに言過ぎて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)