“早月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さつき75.0%
はやつき25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時葉子の部屋の戸にどたりと突きあたった人の気配がして、「早月さん」と濁って塩がれた事務長の声がした。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
サユリはサツキユリの略されたもので、それは早月(旧暦の五月、今日では六月に当たる)
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
この劍山の七合目までは常願寺川等にあるような滑沢の大きな一枚岩であるが、上部は立山の噴火せし際り積りしと思わるる岩石のみである、東南の早月川方面の方は赤褐色を帯べる岩で
越中劍岳先登記 (新字新仮名) / 柴崎芳太郎(著)