“早月親佐”の読み方と例文
読み方割合
さつきおやさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その熱心な奔走の結果、翌日の新聞紙の広告欄には、二段抜きで、知事令夫人以下十四五名の貴婦人の連名で早月親佐冤罪がれる事になった。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
たちまちのうちにその牛耳を握り、外国宣教師だとか、貴婦人だとかを引き入れて、政略がましく事業の拡張に奔走するようになると、内田はすぐきげんを損じて、早月親佐を責めて
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)