“有形”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ありがた40.0%
ありかた20.0%
うぎょう20.0%
ゆうけい20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“有形”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
古墓石を有形ありがたの儘に移すこともあり、又別に合墓を立つることもある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
あるじ夫婦をあはせて焼亡しようぼうせし鰐淵わにぶちが居宅は、さるほど貫一の手にりてその跡に改築せられぬ、有形ありがたよりは小体こていに、質素を旨としたれどもつぱさきの構造をうつしてたがはざらんとつとめしに似たり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此に徳さんの補修を経た有形ありかたの儘に、単に歴代の名を数ふれば、義光より義清、清光、信義、信光、信政、信時、時綱、信家、信武、信成、信春、信満、信重、信守、信昌、信綱、信虎を経て晴信に至る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
無形むぎょうのもの——有形無形うぎょうむぎょうのうち、慾界色界よくかいしきかい有情うじょう有形うぎょうにして
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
四百万億まんおく阿僧祇あそうぎ世界せかいなる六しゅしょう衆生しゅうじょう有形うぎょうのもの
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
道場どうじょうだっておなじこと、天狗てんぐさんに有形ゆうけい道場どうじょうらないはずでございますが