“手提袋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てさげぶくろ66.7%
ハンドバック33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手提袋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小池は初めて氣がついたらしく、肩からひざあたりへかけて、黒い塵埃ほこりの附いてゐるのを、眞白なハンケチでバタ/\やつて、それからむかひ合つてゐるお光の手提袋てさげぶくろの上までを拂つた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
すると不意にテーブルの下から丁度海水浴に持参するような手提袋てさげぶくろを取り出し、手早くコロッケをその中へねじ込んでしまったのである、その他残ったものは何に限らずこの袋へそっとほり込んでしまうのであった
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
PR