“蘇格蘭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
スコットランド82.4%
スコツトランド17.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人はこの山中にすむ羊飼やら野人やらの助けを借りて手任せに掘り出そうとした。嗅煙草は蘇格蘭の羊飼どもにはとても贅沢品じゃ。
蘇格蘭の婦人は多産のように思われる。一結婚当り子供六人という平均はしばしばあり、七人または七人半ですらそれほど珍らしくない。
客が座敷に通ると、女史は蘇格蘭の鴉のやうな真つ黒な洋服をて出て来た。そしてだしぬけに変な調子の英語で話し出した。
世の中に鼠ほどうるさい物はないが、何事にも倹約蘇格蘭人のハトンといふ男は、近頃普通の家鼠を馴らして、糸紡ぎをさせる事を思ひ付いた。