“夜中郵便”の読み方と例文
読み方割合
やちゅうゆうびん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜中郵便やちゅうゆうびんと書いて板塀いたべいに穴があいているところを見ると夜はしまりをするらしい。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)