女房文学から隠者文学へにょうぼうぶんがくからいんじゃぶんがくへ後期王朝文学史こうきおうちょうぶんがくし
一女房歌合せ 数ある歌合せのうちに、時々、左の一の座其他に、女房とばかり名告つた読人が据ゑられてゐる。禁裡・仙洞などで催されたものなら、匿名の主は、代々の尊貴にわたらせられる事は言ふまでもない。公家・長上の家で興行せられた番の巻物なら、其処 …
作品に特徴的な語句
トウ ヂヤク 機会ツイデ たのも ナラビ シヅ ブリ ザフ 上面ウハツラ モノアラソ カケ ほしひまま ガラ ツガ 気質カタギ しりぞ 地下ぢげ あらは わづ つがひ むす 前栽センザイ たの かそ ニハ すなはち もつとも 読人ヨミビト 上辺ウハベ かさな 山沢ヤマサハ 禿かむろ 御方みかた 口占クチウラ むしろ シギ やど おぼ みな 失恋フルサレ 方人カタウド ゆゑ 対抗アハ おほ 所謂いはゆる ゆる また 荒夷あらえびす ここ わけ 葛袴フヂバカマ てら 醞釀うんぢやう ことば 雑芸ザフゲイ 賦物フシモノ もたら ひな 不得エニ また 何曾ナソ しか 口遊クイウ おのおの むか わか ふくろ 後撰ゴセン あたか しか 旋頭セドウ 早歌サウガ かつ 無期ムゴ ねぎら ほぼ 皮嚢かはぶくろ ますます やや まと