玄鶴山房げんかくさんぼう
………それは小ぢんまりと出来上った、奥床しい門構えの家だった。尤もこの界隈にはこう云う家も珍しくはなかった。が、「玄鶴山房」の額や塀越しに見える庭木などはどの家よりも数奇を凝らしていた。 この家の主人、堀越玄鶴は画家としても多少は知られてい …
作品に特徴的な語句
かえっ ひそ しゃが そよ はずか 中間ちゅうかん あらかじ 儕輩さいはい におい ごえ 板葺いたぶ くび 襖側ふすまがわ あきら にぎや 上総かずさ 乞食こじき 人懐ひとなつ 仰向あおむ たたず わず 勿体もったい 勿論もちろん 可笑おか せき ただ 唯今ただいま うな 喇叭らっぱ 喧嘩けんか あざけ はや すわ 外套がいとう 夜伽よとぎ 大蒜にんにく めかけ 妾宅しょうたく しゅうとめ 嫉妬しっと うれ むし 小脇こわき もっと 居睡いねむ 師走しわす 彼是かれこれ おもむ 従弟いとこ たちま おそ うら おそ いよいよ 我儘わがまま 所謂いわゆる 折鞄おりかばん ひろ こしら 指環ゆびわ そろ みだ 数奇すき 敷島しきしま たか 時宜じぎ さら 書画しょが 朋輩ほうばい 木綿もめん まくら ひつぎ 棕櫚しゅろ とげ ふさ ほとん 洒落しゃれ 滑稽こっけい 瀕死ひんし はげ 煎茶せんちゃ あお 狼狽ろうばい 生姜しょうが 甲高かんだか