“不宜”の読み方と例文
読み方割合
よろしからず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おつて供𢌞り徒士の者、中間、奴共風俗不宜がさつに有之、供先にても口論仕不屆に候自今風俗相改かうとふと致し、相愼
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
一つ、将(将曹)之、調(調所)より勘弁之よし、尤に候、近(近藤隆左衛門)等の如く悪み候而は不宜——
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
良精君近頃健康不宜候こと承候へども、のとほり存外険悪に及ばずして長生せられ候事も可有之と頼み居候。又々牛の舌御恵贈の由、不堪感謝候。翻訳材料となるべき書籍二三、別紙に候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)