“直情径行”の読み方と例文
読み方割合
ちょくじょうけいこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「差当りはむずかしい。年を取れば世の中ってものが分って来るだろうが、今のところは直情径行に過ぎると思う。現にこの相談が君の性格を物語っている」
負けない男 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
どうしてもこの女をただ帰せないという考えが勃然として起ったので——竜之助の心には石よりも頑固なところと、理窟も筋道も通り越した直情径行のところと、この二つがあって、その時もまた
久保井校長のつぎにきた熊田校長というのはおそろしく厳格な人であった、久保井先生は温厚で謙遜で中和の人であったが、熊田先生は直情径行火のごとき熱血と、雷霆のごとき果断をもっている。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)