“半径”の読み方と例文
旧字:半徑
読み方割合
はんけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
バードックの町を中心にして三〇キロの半径の円にはいる地域の町や村が、透明人間の出没にそなえたのである。
翌日めると、依然としての中心から、半径つたが、二重に仕切つてゐる様な心持がした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
玉川ゴルフ場から十分ぐらいの半径の中なら、一軒一軒当っていっても多寡が知れているではないか。どうして分らぬのか、分らんでいる方がいと思うが……
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)