“迹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あと95.5%
アト4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
果して然らば、に国体を維持し、外夷の軽侮を絶つのみならず、天下之士、朝廷改過のなるに悦服し、斬奸の挙も亦を絶たむ。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
小六から坂井の弟、それから満洲、蒙古、出京、安井、——こう談話の辿れば辿るほど、偶然の度はあまりにはなはだしかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
でも、彼の心のふさぎのむしはを潜めて、唯、まるで今歩いてゐるのが、大日本平城京の土ではなく、大唐長安の大道の樣な錯覺の起つて來るのが押へきれなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
でも、彼の心のふさぎのむしはを潜めて、唯、まるで今歩いてゐるのが、大日本平城京の土ではなく、大唐長安の大道の樣な錯覺の起つて來るのが押へきれなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)