“仁藤昂軒”の読み方と例文
読み方割合
にとうこうけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兎狩のとき争論あり、御抱え武芸者仁藤昂軒(名は五郎太夫、生国常陸)儀、御側小姓加納平兵衛を斬って退散。加納は即死、御帰城とともに討手のこと仰せさる。
ひとごろし (新字新仮名) / 山本周五郎(著)