“伊藤仁斎”の読み方と例文
読み方割合
いとうじんさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中江藤樹、熊沢蕃山、山鹿素行伊藤仁斎、やや遅れて新井白石、荻生徂徠などの示しているところを見れば、それはむしろ非常に優秀である。
良人の親友であり、また浅野家の藩医でもある寺井玄渓が、父子して来るかと思えば、めったに見えたこともない伊藤仁斎の子息東涯が来て、見舞ってゆく。
関東の学者、道春以来、新井、徂徠春台らみな幕府にしつれども、その内に一、二箇所の取るべき所はあり。伊藤仁斎などは尊王の功もなけれども、人に益ある学問にて害なし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)