“伊藤喜兵衛”の読み方と例文
読み方割合
いとうきへえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊藤喜兵衛は孫娘のおれて、浅草観音の額堂を歩いていた。其の一行にはお梅の乳母のお医師坊主尾扇が加わっていた。喜兵衛はお梅を見た。
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
伊藤喜兵衛のお嬢さんが、惚れていたとは聞いていたが」
隠亡堀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その時御先手組の与力に伊藤喜兵衛と云う者があった。悪竦な男で仲間をおとしいれたり賄賂を執ったりするので酷く皆から嫌われていたが、腕があるのでだれもこれをどうすることもできなかった。
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)