“桔梗屋喜兵衛”の読み方と例文
読み方割合
ききょうやきへえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五軒目が桔梗屋喜兵衛、ここでは偽平次、一家残らず縛り上げて、有金百両余りと、少し浮気っぽいという評判はあったが、下谷一番と言われた小町娘のお藤をさらって行ったのです。