“桔梗屋”の読み方と例文
読み方割合
ききょうや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「見たか聞いたか金山地獄で、ここじゃあ話にならねえのさ。岡崎町の桔梗屋だ。親分、せいぜい急いでおくんなせえ。」
扇屋といえば、今この、六条柳町に嬌名のたかい初代吉野太夫の名がすぐ思い出されるし、桔梗屋といえば、室君太夫の名をもってひびいている。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平間重助はその馴染なる輪違の糸里という遊女、平山五郎は桔梗屋の小栄というのをつれ込んで、この三組の男女は、誰憚らぬ酒興中、芹沢は得意げに言うことには