“沢桔梗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さわききょう50.0%
さわぎきょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どの人も手にはいろいろの草花を持っていたが、そのなかにどこで採ったのか沢桔梗を持っている者があるのを、通りかかった子供が見つけて、さんそれは毒だよと注意したそうです。
山椒魚 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
左右は一面じめ/\した泥炭地で、反魂香の黄や沢桔梗の紫や其他名を知らぬ草花が霜枯れかゝった草を彩どって居る。煙草の火でも落すと一月も二月もぷす/\って居ます、と案内者が云う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)