“水色桔梗”の読み方と例文
読み方割合
みずいろききょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてその無数なる霊感は霧のごとく蕭殺たるものをみなぎらし、各部隊の上にはためく水色桔梗の九本旗にも、雲をつようなすがたがあった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
光秀の首は本能寺の焼け跡にされた。水色桔梗の九本旗がここの暁に鼓譟してからわずか半月の推移であった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)