“白桔梗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しろききょう75.0%
しろぎきやう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白桔梗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山県殿やまがたどのの御手は、先陣のまっただ中に押進み、白桔梗しろききょうのお旗を目じるしに立てよとの軍令です」
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白桔梗しろききょう、桔梗の花が五つ六つ。白っぽけた撫子なでしこの花が二つ三つ。芝生しばふの何処かで、䗹〻〻じじじと虫が鳴いて居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
消えてりて石と成らむの白桔梗しろぎきやう秋の野生のおひ趣味しゆみさて問ふな
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)