“桔梗門”の読み方と例文
読み方割合
ききょうもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この橋から向うは、江戸城の外濠、大手門、桔梗門日暮門、それを取り巻く家屋敷というものも、およそは皆大名の邸宅で、普通の住居はない筈だが、あの侍、一体どこへ帰るのだろう。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)